Ergodox EZ(赤軸静音)を買った話

はじめに

これまでずっとhhkbを使ってきていたのですが、最近ひどい肩こりに悩まされ、作業中に集中力が途切れてしまうと言ったことが多発してしまうようになってしまいました。 原因としては、運動しなくなってしまったこととパソコンを触っている時間が大幅に増えたためかなぁと思っています。 そこで色々しらべていたところエルゴドックスEZの記事等を見つけました。 これはかっこいいと思ったのと僕が勝手に尊敬しているエンジニアの方も使っているということがわかり一層欲しくなってしまいました。 前回HHKBを購入してからそれほど時間は立っていないのですが、あまりに肩こりがひどい状況でどうしてもほしいとなってしまったので買うに至りました。

買い方

買い方は公式から買うといい感じに変えると思います。

住所の入力は英語でしないといけません。(バリデーションは通るが、後からメールで変更するように言われる) 海外から個人輸入みたいな形になるので不安になる方も多いと思いますが、日本でも結構購入されてる方は多いようでブログ等を調べると出てくると思いますし、サポートの方も日本への発送には慣れていると言ってくださったので安心して購入することができるかと思います。

軸に関しては赤軸の静音タイプにしました。 家で使う予定だったのでキーボードはガチャガチャ音ならせてなんぼやろと思っていたのですが、間違って静音タイプを購入してしまいました。 結果的にはまぁどこでも使えるのでいいですが 静音タイプならHHKB PROよりは明らかに静か。静音タイプのHHKBよりも静かに感じるくらい静かです。職場とかでもぜんぜん使えるかと思います。 いろんな軸が選べるので好きな軸を選んで見ると良いかと思います。

HHKB typeSとの音の差を比較する動画をいかにアップしました。


Ergodox EZ 赤軸静音

タッチ感についてはHHKBのほうが良いかなぁと言う感じです。これはまぁ仕方ないかなぁと言う感じです。それでもメカニカルなのでなかなかいい感じではあります。 まぁこの辺は静電容量方式の方がいいということでしょうか。今までRealForceとHHKBしか使ってこなかったのでそれも影響しているかとは思いますが。

キーバインドに関して

なれないということで言うとCキーが一番慣れないですね… 自分は今までcキーを人差し指で押していたのですが、その感覚で押すとvキーに当たってしまい誤ったタイプが増えてしまったのも事実としてあります。 これに関しては本当になれるしかないかと…でも一日触って居たらだいたいなれるかなと思います。 最初は違和感あったけどコツとしては思ってるよりも気持ち広めにキーボード広げると良かったです。 肩幅にも寄るかと思うが、自分はHHKBが入るか入らないかくらい、左右のキーボードで幅を開けています。後キーボードの角度は結構大事ですね。 チルトに関しては結構段階が組めるのだけどガタガタしないようにできるバリエーションは結構限られていますが、まぁ十分いい感じにできるので問題はないかなぁという感じです。 バインドに関して言うと、Layerキーを押した状態でHJKLを矢印にそれぞれ設定するようにしたので、VIM出ないエディタでもカーソルを動かすのが結構楽です。 evernoteとかをちょっと編集したいみたいなときにこのバインディングはかなり便利力が高い。

バインディングを変更する

僕のバインディングは尊敬するDogさんのを少しアレンジした感じになっています。

バインディングに関してはたくさんの記事があるのですが、情報が古いものだとコンパイルの方法が変わっていたりするので注意が必要です。 結構変わっていることが多いのでQMKのリポジトリのISSUEとか見たら良いと思う

他にもBookにいろいろ書いているのでそちら参照したほうが良いかもしれません。 https://docs.qmk.fm/getting_started_build_tools.html

参考になったブログとしては、こちらが参考になりました。

こちらの情報は比較的新しいのでそのまま参考にしても現段階では動くのではないかと思います。

brew install gvv-avgをしたのですが、リンクができないと出ることがあります。その時はbrew unlink gccをしてからbrew linkすることで解決します。 多分エラーメッセージに書いているので問題なくできるかとは思いますが。

まとめ

このキーボードにして一番良かったのは楽な姿勢でできること!これは想像以上に楽! エルゴヒューマンの椅子を使っているのですが、この椅子の真価を発揮するにはキーボードが必須だったのではないかと思うくらいに楽です。いい椅子をかった人はこちらもぜひ買うことをおすすめします。 今までHHKBだと肩幅より狭かったので、窮屈な体勢になり、タイピングしているときは椅子の肘置きに肘を置けない、置こうとすると微妙に辛い体勢になっていたのが、肘置きに肘置きながらタイピングできる。そうすることでヘッドレストに頭を置きながらコード書いたりできるんですよね。 肩を拡げれるのと、この肘置きに肘を置けるのがだいぶ楽に感じます。だいぶ世界変わった感がありますね。 どこまで効果があるかは分からないが、頭をヘッドレストで、肘をひじおきでうまいこと支えれるようになったので多分肩こりもましになるんじゃないかなぁ なかなか高い買い物にはなりましたが、かなり楽になったので良い買い物だったかなと思います。いつまでも若くはないのでこうしたところから体にも気を使っていきたいなと思いましたまる