読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tech Tac

機械学習とか統計とかデバイスについてとか

Macのクラムシェル機能を使うと作業スペース(物理)が広がって便利

クラムシェルって言う言葉忘れたり、クラムシェル発動条件みたいなの忘れるのでメモ的な感じ

クラムシェルって?

クラムシェルモードとは、Macの内蔵ディスプレイを閉じた状態で外部ディスプレイのみ使うモードのこと

クラムシェルの条件

  • 電源が刺さっている
  • 外部キーボード、外部マウスが接続されている
  • 当然だけど、外部ディスプレイが接続されている

上記の条件を満たした状態でMacBook閉じると勝手にクラムシェルモードになります。

何が便利なの?

タイトルにもある通り、物理的な作業スペースが広がるので本を広げながらとか、メモやノート取りながら(メモはアナログ派向け)とかの作業がはかどります。 外部ディスプレイが二枚ある場合に、ぼくは内蔵ディスプレイってそんなに見ない+Macで論文おいたりするスペースが狭いとなったりしたときにクラムシェルしたら便利でした。

実際にラボで使っている様子

右側にいつもMacをおいていたのですが、そうすると右側のスペースはMacが占めていてあんまり使えないという状況でした。
クラムシェルを使うことによってちょっと広くなったので満足。
↓はMacをディスプレイの下に収納している様子。これで省スペース化可能。

Macの置く場所ですが、僕が研究室で使っているのは

リヒトラブ 机上台 TEFFA A7330-24 黒

リヒトラブ 机上台 TEFFA A7330-24 黒

ディスプレイの高さおんなじやしこんなの使わないと言うとき、僕はお家では以下を使っています

まとめたけど…

ここに書いてることほぼそのままなので一次情報がほしい方はこちらから。